画像参照:ザ・ウィンザーホテル洞爺湖公式ページより

【PR】あなたは首脳会議の英語が聞き取れますか?
”英検4級”すら持っていなかった・・・ TOEICという試験の存在すら知らなかった落ちこぼれの人生を180度変えた実録ノウハウ! 脳内全ての神経が科ってに英語に切り替わる!
1日10分寝る前にある○○をしただけで英語検定一級を取得!
上智大学比較文化学部進学・卒業! >>詳細を見る

北海道洞爺湖サミットの会場“ザ・ウインザーホテル洞爺”

北海道洞爺湖サミットの会場となるザ・ウインザーホテル洞爺は、2002年6月に誕生、洞爺湖と内浦湾を見下ろす標高625メートルの
ポロモイ山の山頂に位置し「また訪れたいと思うホテル」をコンセプトにした世界最高水準の滞在型ラグジュアリーリゾートホテルです。

全室がオーシャンビュー、及びレイクビューで、レイクサイドの部屋からは緑に囲まれた美しく雄大な洞爺湖を見渡せます。

そして、オーシャンサイドの部屋からは、夕方に内浦湾の美しい夕日を見ることもできます。

アトリウムロビーに足を踏み入れると、目の前に現れる洞爺湖と海の大パノラマが広がりホテルはこの自然と共存し、快適さを計算し尽くされた極上の大人のリゾート空間になってます。

フランスのミシュラン「レッドブック」が最高峰と認めた三ツ星レストラン「ミシェル・ブラス」の支店「ミシェル・ブラス トーヤ・ジャポン」や、和食では京都の大悲山の料理旅館「美山荘」の支店を始め、、カジュアルなフレンチとイタリアンをフュージョンしたホテルダイニング、話題のベトナム料理など数々の名店レストランが、食材の宝庫といわれる北海道の地元の季節の食材を中心とした
メニューを提供しています。

また、ゲストルームでは、より心地よい眠りのために、米国シーリー社のベッドを採用しており、枕も形状、素材の異なる6種類から選ぶこがとができます。バスルームは、グリーンティーベースのフレッシュな香りとしっとりとした使用感が特徴のブルガリのアメニティーを用意。

家具やインテリアはもちろんのこと、リネン類やアメニティー、照明にいたるところまで、ルーム内のひとつひとつの要素に高級感とやすらぎが感じられる部屋作りがされています。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 洞爺湖ガイド. All Rights Reserved.