【PR】あなたは首脳会議の英語が聞き取れますか?
”英検4級”すら持っていなかった・・・ TOEICという試験の存在すら知らなかった落ちこぼれの人生を180度変えた実録ノウハウ! 脳内全ての神経が科ってに英語に切り替わる!
1日10分寝る前にある○○をしただけで英語検定一級を取得!
上智大学比較文化学部進学・卒業! >>詳細を見る

北海道洞爺湖サミット

2007年4月23日、2008年の主要国首脳会議(サミット)開催地に正式決定した洞爺湖。日本でのサミット開催は九州・沖縄サミットに続き、再び大都市ではなく地方での開催となりました。

第34回主要国首脳会議、通称:北海道洞爺湖サミットとは、、日本の北海道虻田郡洞爺湖町のザ・ウィンザーホテル洞爺を会場にして行われる主要国首脳会議のことです。また、それに先立って日本の数都市で開催が予定されている閣僚会合のことでもあります。

北海道洞爺湖サミットでは、2008年の7月7日~9日間に、主要8カ国の首脳がつどい、地球温暖化対策をはじめとする国際社会の諸課題が話し合われます。

サミットとは?



沖縄サミットの様子

洞爺湖で開催予定のサミットは「主要国首脳会議」の事で、一般にはG8などの名称で知られている。
起源は、1973年のオイルショックとそれに続く世界不況から始まり。これらのトラブルによって米国でライブラリーグループが生まれた。

現在は、日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、カナダ、ロシアの8カ国が参加している。

昨今では、影響力の低下が叫ばれセレモニー化などが指摘されている。
その一方では、国連総会などの外交官レベルの会議に比べ、各国の首脳会議であるサミットは決断力・実行力に格段の優位性があるほか、拒否権など制度的問題点がなく、国連を補完する意味でも一定の役割を果たしているという指摘もある。

参考文献:wikipedia

サイトMENU

Copyright (C) 2007 洞爺湖ガイド. All Rights Reserved.